【子供との思い出をきれいに残す】 スージーラボの1000枚アルバムとネットプリントがおすすめ!

【子供との思い出をきれいに残す】1000枚アルバムとネットプリントがおすすめ!
【子供との思い出をきれいに残す】1000枚アルバムとネットプリントがおすすめ!

みなさんは子供の写真や動画をどうやって管理していますか?アプリやクラウドに保存したり、フォトブックを作成している人も多いと思います。

私も用途によっていろいろ使い分けていますが、思い出を残すためにはアルバムとネットプリントを利用しています。

”いまどきアルバム?”と感じた方もいるかもしれません。しかし私は見返すために残すのはアルバムの方が見やすくて好きです。単純な好みですw

そこでこの記事では、私が実際に使用しているおすすめのスージーラボさんの1000枚アルバムとネットプリントを紹介します。

【こんな方におすすめの記事です】

  • 子供の写真がたまってきて整理したい!
  • お得できれいに思い出を残したい!
  • 1000枚アルバムについて知りたい!

写真・動画保存のサービス使い分け

私は用途に合わせて、写真・動画のサービスを使い分けて保存しています。それぞれ用途と特徴を紹介します。

Amazon photo

用途:撮影写真をすべてバックアップ
特徴:amazon prime会員であれば容量無制限で保存可能

写真のストレージとしてAmazon photoを利用している人も多いのではないでしょうか?クラウドに保存できるため、スマホからもPCからも容易にアクセスできるのも嬉しいところです。Amazon photo内でアルバムも作れるので、オンラインで管理するのであればAmazon photoだけでも十分でしょう。動画は5Gbまでが無料で、それ以上は有料プランのみです。

google photo

用途:撮影動画をすべてバックアップ
特徴:1つのgoogleアカウントにつき、15Gbまでは無料で保存可能

2021年5月までは無料で無制限で利用できていましたが、今は15Gb以上は有料プランになっています。そのため、私は動画専用のバックアップとしてgoogle photoを利用しています。今のところ保存容量内に収まっているので問題ないですが、今後動画が増えてきたら少しやり方を考える必要があります。動画保存用の別アカウントを作成するか、amazon photoかgoogle photoの有料プランに入るかを検討する予定です。

みてね アプリ

用途:家族や親戚との写真・動画共有
特徴:無料で写真・動画の共有を無制限に行える

mixiが提供しているアプリ “みてね”。子育てをしている私の友人や親戚はよく使っているイメージです。メンバーであれば過去の写真の閲覧や、新しいデータのアップロードなど自由に行えます。撮影月ごとに自動で整理されるので、見返す時も見やすくてとても使い勝手がいいです。

1000枚アルバムって?

上記のように様々なサービスを使い分けている私ですが、アナログな写真でも思い出を残しています。スージーラボさんの1000枚アルバムは文字通り1000枚の写真を保存できる商品です。いわゆる普通のアルバムなのですが、痒い所に手が届く嬉しい特徴があります。

特徴1 縦・横どちらでも写真を入れられる

最近はスマホでよく写真を撮るので、縦向きの写真も多いですよね。私はデジカメも使用することがあるので、デジカメで撮る写真は自然と横向きが多くなります。そんなときに1方向にしか入れられないアルバムだと、見づらくなってしまいます。この1000枚アルバムは下の写真のように横向きでも縦向きでも収納できるようになっているので、アルバムを回転させることなく見ることができます。

特徴2 CD, DVDも保存可能

縦・横どちら向きで写真を入れられるだけではなく、CDやDVDも入れることができます。当たり前ですが写真しか印刷はできないので、合わせて動画のデータなども保存しておきたければ、CDやDVDに焼いておいておくこともできます。また、スタジオアリスなどプロにとってもらった写真などはCDに焼いて購入することもできるので、そのようなデータをまとめて保管できるのも良いですね。

特徴3 高級感のあるデザイン

せっかく思い出として残すので、外見もきれいに残したいですよね。子供っぽいデザインのアルバムも可愛いのですが、長年使うことを考えると私は高級感のあるデザインの方が良いなと感じました。どうしても大きくなってしまうので、インテリアとしておいてもおしゃれに保管できます。

写真の印刷はどうする?

アルバムについてはわかってもらえたかと思うので、次は写真の印刷について見ていきます。1000枚アルバムに収納できるサイズはL判サイズなので、L判での印刷前提で説明します。

家のプリンタで印刷するのはあり?

もちろん家にプリンタがあれば、安く印刷することもできますが、品質が気になる方も多いのではないでしょうか?私も家のプリンタで写真を印刷したことがありますが、そもそも品質が悪かったり、しばらくすると劣化が進んでしまいました。日ごろからよく写真の印刷をする方は、家のプリンタでやっても良いかもしれませんが、品質の懸念があるので基本的にはお勧めできません。

コンビニのプリンタを使う?

では品質を維持するためにコンビニや電気屋さんにあるプリンタで写真を印刷するのはどうでしょうか?品質面では良いのですが、1枚あたり30円~40円程度かかり、1000枚も印刷するとなるとそれだけで3~40000円もかかってしまいます。なにより手間もかかりますよね。

おすすめはネットプリント 『しまうまプリント』

そこでお勧めなのがネットプリントです。ネットプリントのサービスを提供している会社は多数ありますが、私は『しまうまプリント』を利用しています。『しまうまプリント』は写真の品質は3つから下記3つから選べます。

  • しまうまオリジナル
  • FUJICOLOR高級プリント
  • プロ仕上げ高級プリント

私はFUJICOLOR高級プリントで、L判1枚当たり11円で印刷しています。品質・価格はこちらのサイトを参考にしました。

ネットプリントだと送料がかかることが多いですが、しまうまプリントは100枚以上注文すれば送料が無料になるのも嬉しいポイントです。

気になる値段は?

1000枚アルバムは税込みで10780円です。正直少し高いと感じるかもしれませんフォトブックなどネットで簡単に作れるものだと、1冊数100円のものもよく目にしますよね。私もはじめはフォトブックの方がリーズナブルでいいかなとも考えました。しかし、品質・枚数・価格で比較するとそんなに高くないことが分かります。下に表にまとめました。

フォトブックと1000枚アルバムのコスト比較を表にしました。
フォトブックと1000枚アルバムのコスト比較

順番に見ていきます。

1000枚アルバム + しまうまプリント

まずは1000枚アルバムとしまうまプリントの場合です。

アルバム代:10780円
印刷代:11円/枚
送料:100枚以上だと無料

100枚以上で毎回注文する前提だと、合計で1000枚、21780円になります。

みてね のフォトブック

次に私も使っている みてね のフォトブックを見てみます。3つのグレードがありますが、いづれも1冊あたり23枚載せることができます。詳細はみてねの公式HPをご確認ください。

今回は『ライト』『スタンダード』 で1000枚の写真を印刷することを考えます。

  • ライト
    1冊あたり枚数:23枚
    1冊あたり値段:539円
    送料:121円

    仮に6冊ずつまとめて購入して7回購入すると、合計で966枚、23485円になります。

    計算式は以下です。
    (23枚 × 6冊)× 7回 = 966枚
    (539円/冊 × 6冊 × 7回) + (7回 × 送料121円) = 23485円
  • スタンダード
    1冊あたり枚数:23枚
    1冊あたり値段:1089円
    送料:121円

    仮に6冊ずつまとめて購入して7回購入すると、合計で966枚、46585円になります。

    計算式は以下です。
    (23枚 × 6冊)× 7回 = 966枚
    (1089円/冊 × 6冊 × 7回) + (7回 × 送料121円) = 46585円

しまうまプリントのフォトブック

さいごに上記のネットプリントで紹介したしまうまプリントでもフォトブックのサービスがあります。L判サイズで比較するためにA5サイズのアルバム前提で考えます。品質はライト、スタンダード、プレミアムハードがあり、掲載枚数は24P~144Pで選ぶことができます。詳細はしまうまプリントの公式HPをご覧ください。

ページ数が多い方が単価が安くなるため、今回は『ライト』『スタンダード』で144Pの値段を出してみます。

  • 144P ライト
    1冊あたり枚数:144枚
    1冊あたり値段:1098円
    送料:110円

    仮に1冊ずつ購入して7回購入すると、合計で1008枚、8456円になります。

    計算式は以下です。
    144枚× 7回 = 1008枚
    1098円/冊 × 7回 + (7回 × 送料110円) = 8456円
  • 144P スタンダード
    1冊あたり枚数:144枚
    1冊あたり値段:5198円
    送料:110円

    仮に1冊ずつ購入して7回購入すると、合計で1008枚、37156円になります。

    計算式は以下です。
    144枚× 7回 = 1008枚
    5198円/冊 × 7回 + (7回 × 送料110円) = 37156円

価格比較まとめ

もう一度比較の表を載せます。

フォトブックと1000枚アルバムのコスト比較を表にしました。
フォトブックと1000枚アルバムのコスト比較

ここまでの計算でわかるように、毎回まとめて大容量のフォトブックを使うのであれば、フォトアルバムの方が安くなるケースもあります。しかし1000枚印刷することを考えると、フォトブックと比較しても多くの場合1000枚アルバムの方が安くなります。

数100円で作れるフォトブックが安く感じてしまいますが、この先大量に写真を印刷するのであれば、それなりにお金がかかります。以上を踏まえると、価格の面からも1000枚アルバムを使うことはメリットがあります

アルバムのおすすめの使い方

アルバムの使い方は家族によってそれぞれあると思います。1例として、私の家で実際にしているアルバムの使い方と、そのメリットを紹介します。

家族のアルバムとして更新していく

まず一つ目は家族のアルバムとして更新していくことです。どういうことかというと、”子供ごと””夫婦の思い出”など”人”でアルバムを分けないということです。こうすることでアルバムの無駄なページを極力減らすことができます。人でアルバムを分けていると、親のアルバムで数ページ余っていて、長男のアルバムも数ページ余っているなど起きてしまって、ちょっともったいないですよね。ケチな考え方かもしれませんが、無駄なページがあるということはその分収納スペースも無駄に使ってしまうことになるので、意外と大切なポイントです。

また、子供ごとに分けている方も多いかもしれませんが、これは私の実体験からあまりおすすめしません。理由は上の子の方が写真の数が多くなる傾向にあるからです。私は末っ子なのですが、実家にあるアルバムは姉の半分くらいの量です w 一人目の方が何でも新鮮で写真を撮ってしまう気持ちはもちろんわかるのですが、目に見えて写真の量が少ないのはちょっと寂しいですよね。この観点でも家族のアルバムとして管理していれば、写真の量が違うこともあまり気にならなくなると思います。

時系列で写真を入れていく

アルバムを作ると、何かイベントごとでまとめて、コメントなども入れたくなりませんか?続けられる人はそのように凝ったアルバムを作ってよいと思います。ただ私はあまり手間のかかることは続けられないので、シンプルに時系列で写真を入れていくことにしています。そうすることで何気ない日常の写真も気兼ねなく印刷できます。

1000枚アルバムでは各写真の上にメモを書けるようになっているので、気が向いた時に気が向いた写真だけコメントを入れることができます。

まとめ

いかがだったでしょうか?子供の写真ってすぐにたまってしまいますよね。スマホで手軽に撮れるようになったからなおさらかもしれません。せっかく撮った写真なので、見返しやすいように印刷しておくのもおすすめです。私は子供が5か月になった時にまとめて印刷しましたが、それでも200枚近くなりましたw これでも厳選したんですけどねw

少しでも写真整理に困っている方の手助けになれば嬉しいです。フォトブックで手軽に見返すことができる方がいいという人もいれば、私のようにたまにしか見返さないので1冊にまとまっていた方が良いという人もいると思います。

さいごまで読んでくださった方ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました