育休をとって改めて気づいたメリット3つ

育休をとって改めて気づいたメリット3つ
育休をとって改めて気づいたメリット3つ

育休を取得することは、いろいろとメリットがあります。子供との成長を間近で感じられる、家族との時間を大切に過ごすことができる、仕事を休むことができる。人によって感じるメリットは様々です。

数あるメリットの中でも、実際に育休を取得してから気づいたメリットがありました。この記事では私の実体験をベースに、育休の具体的なメリットを紹介します。

【こんな方におすすめの記事です】

  • 育休をとろうかどうか迷っている
  • 具体的な男性育休の様子を知りたい!
  • 実体験に裏付けされた育休のメリットを知りたい!
  • パートナーに育休をとってほしい!

前提 育休取得前に考えていたこと

育休をとる理由は以下の記事でまとめています。興味のある方は、ぜひこちらもご覧ください。育休を取得するかどうかの参考になると思います。

結論  育休をとって改めて気づいたメリット3つ

育休をとって改めて気づいたメリット3つは、下記の通りです。

  • 仕事を言い訳にできない
  • 親戚との関係が深まる
  • 生産性を意識しない生活ができた

順番に詳しく見ていきます。

メリット1 仕事を言い訳にできない

育休を取得するかどうかは関係なく、育児には積極的に関わりたいと考えていました。その考えのもと家事育児に取り組んでいます。

実際に育休を取得して赤ちゃんとの生活を送っていると、”仕事をしていたらこんなにも家事育児できただろうか?”と考えることがあります。もちろん時間的な制約で日中の面倒が見れなくなるのはしょうがないことです。

しかし今ほど頑張れなかったかもしれないと思うのは、夜の寝かしつけです。なかなか赤ちゃんが寝てくれないときはパートナーと交代しながら2時間くらい寝かしつけをすることもあります。おそらく仕事をしていたら、寝かしつけの大変さを知る前にパートナーに任せてしまっていただろうなと思います。”明日も仕事あるから、先寝るね”と。赤ちゃんが夜泣きをする時期は寝室を分けているという話もよく聞きます。

たらればの話なので、実際どうなっていたかはわかりません。しかし仕事を言い訳にせずに育児に取り組み始められたのは、大きなメリットだと感じています。なぜならパートナーと同じ目線で、赤ちゃんとの生活を送れているからです。

これは男性にとってもメリットですが、それよりもパートナーにとってのメリットも大きいのではと思います。数日でもいいので、仕事を言い訳にできない状況で家事育児に取り組んでもらう経験は持ってもらうに越したことはないですよね。

メリット2 親戚との関係が深まる

私の妻は里帰り出産で出産後も1か月くらい実家にいました。私も同伴させてもらいました。1か月間里帰り奥さんの実家で暮らすというのは、始めは気を遣いましたが意外とすぐに慣れてしまいましたw

赤ちゃんがいるおかげで、場はなごみますし話題にも困りません。何よりも生まれたての孫を可愛がってもらえることは、実家のご両親に対しても親孝行になっていたと思います。同時に面倒を見てもらえる間は、慣れない育児をしている私と妻も休めます。赤ちゃんにとっても常にだれかが相手してくれる状態だったのでとてもよかったです。赤ちゃんは泣けば、大人4人のだれかがすぐにきて抱っこしてくれるという贅沢な状況でしたw

育休という機会がなければ、義理の実家に1か月以上も滞在することは滅多にないことですよね。もし受け入れてもらえるのであれば、里帰り出産×育休という選択肢もぜひ検討してもらえればと思います。里帰り出産×育休についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

メリット3 生産性を意識しない生活ができた

日ごろの生活は、仕事をしながら、隙間時間を見つけては読書やyoutubeで何かをインプットし、SNSで発信する。いかに生産性をあげた人生を送れるかを考えてしまいがちです。人生100年時代、終身雇用も破綻している現代ではなおさらです。

私ははじめ育休を開始したとき、空いた時間でインプットをして、あわよくば何か資格をとって、さぞ有意義な育休生活を送れるだろうと考えていました。しかし実態は、それほど甘くありませんでした。赤ちゃんに合わせた生活は不規則になりますし、泣き声をあげたらやっていることを中断して抱っこする。赤ちゃん中心に生活をしていると、自然と生産性を意識しないようになっていました。

これはデメリットのように聞こえる人もいるかもしれませんが、私にとってはメリットでした。生産性を追い求める生活は1種の強迫観念のようなもので、ゴールがありません。そんな中で、家族との時間を優先するという価値観をもって、生産性を意識しない時間をもつことの大切さに気付いたのです。

あえてフランクな表現を使えば、だらだらする時間をもつようになっとということですw しかしこのだらだらする時間が、心の余裕にもつながり、幸せな生活にもつながっていると思うのです。

まとめ 育休をとって改めて気づいたメリット3つ

本記事のまとめは以下です。

育休をとって改めて気づいたメリット3つ

  • 仕事を言い訳にできない
    ⇒パートナーと同じ目線で育児に取り組めている
  • 親戚との関係が深まる
    ⇒里帰り出産×育休で親戚とも長い時間を過ごせる
  • 生産性を意識しない生活ができた
    ⇒家族との時間を優先し、生産性を意識しない時間を持つことの大切さ

いかがだったでしょうか。育休をとる目的や理由は人によってそれぞれです。それでも実際に育休をとったことで感じられた経験は、少し違った観点で育休を感じられたのではと思います。これから育休を検討する方の参考になれば嬉しいです。

さいごまで読んでくださった方、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました